記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダヴィド・バイオッコ (01-02白) 使用感

こんにちはデミです。

今回は

ダヴィド・バイオッコ (01-02白)

の使用感です。

ペルージャ在籍縛りの左のMFで使用しています。
02-03ピアツェンツァでも排出されていますが、ペルージャユニの01-02を使用しています。

中田在籍時の同僚ではありますが、お世辞にも有名選手ではないですね。
あの頃のペルージャの試合はよく見ていましたが…。記憶にございません。

選手紹介をみる限り中盤のダイナモ、汗っかき役みたいです。
ペルージャには1994年から2002年まで在籍。レンタルで2004年から1年間戻ってきたみたいです。

ユベントスにも在籍していたみたいで、実力は確かですね。

ではいきます。
バイオッコ

結論から言うと

数字は飾りです!

いい意味です!

OFFENSE:13
ボール所持時の攻撃意識は高いです。
果敢にドリブルでゴールを目指します。
エリア内にも侵入していきます。
持ち過ぎという事もなく、フリーの味方がいればショートパスでパスします。
サイド寄りに配置すれはサイドを駆け上がり、センター付近に配置すれは中央付近でパスを散らしてくれます。
体感で14あってもいいと思います。

DEFENSE:11
守備意識もなかなかです。
ボールに食らいつき、相手の攻撃スピードを遅らせてくれます。
奪取はしますが成功率は低く感じます。
すこし追い過ぎな面もあります。
ボール奪取やタックルより、プレスで守備に貢献するタイプですね。
守備は上手くはないが貢献はする。
11のままでいいでしょう。

TECHNIQUE:13
これが飾りですね。
プレースキックやシュート精度、展開力で見れば13で妥当かもしれません。
ドリブルした時がビックリします。
細かいタッチのぬるぬるっとしたドリブルで次々と相手をかわします。
密集地帯をあれよあれよと抜けていきます。
マルセイユルーレットかまします。しかもそれで抜きます。
いつの間にかチャンスを作り出しています。
そういうシーンを何回もみているので15くらいあげてみいいと思います。

POWER:12
体の強さでボールを奪いに行くタイプでもなく。
ごりごりした重戦車のようなドリブルで突破していくわけでもなく。
でも、競られてよろけてという場面も見るわけでもなく。
小柄なので12なんでしょうか?
まあ、シュートに力強さもないですし、12のままでもいいかもです。

SPEED:13
寄せは素早いです。早いのではなく素早いです。
ドリブルは遅いです。
しかし、ボールを持ったから遅くなるというより、もともとが遅いです。
足が遅いというより、足が速くはないといった意味での13で妥当だと思います。

STAMINA:18
1試合持ちます。
よほど過酷な練習をさせていなければこの選手に交代要員はいらないです。
この点が一番安心です。
頼もしいの一言です。
プレスもサボらず、果敢にドリブルでチャレンジしても1試合持つのは素晴らしいです。

総評
数字は飾りです。
掘り出し物を見つけた感じです。
まさかのテクニシャンでした。
高いSTAMINA値のおかげで試合終盤にもパフォーマンスが落ちないのも魅力です。


昔のVerのWCCFでもペルージャ縛りはしましたが、バイオッコは使っていませんでした。
(スタミナ以外の能力値があまりにも寂しかったので。)
左サイドを中心に中盤ならどこでもできる器用さんなので今回も序盤は控えとして使っていました。
その間の途中出場時の輝きと、チーム成績不振によるシステム変更によりスタメンとなったわけですが
ピンチにもチャンスにもどこにでも顔を出し、なぜか取られない低速ドリブル。驚異のキープ力。

追加能力次第でもっと輝ける選手になるかもしれません。
今後も頑張って育ててみようと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。